通販って何ですか?

「通販」という言葉は、広く浸透していますが、そもそも「通信販売」とは、どんなモノなのでしょうか?
毎日の生活が年々便利に、そして快適になっています。その生活を快適なモノにしている一つに「通販」があります。
通販(通信販売)の概念として、『ウィキペディア(Wikipedia)』では下記のように説明されています。

『小売業態のうちの無店舗販売の一つで、店舗ではなく、メディアを利用して商品を展示し、メディアにアクセスした消費者から通信手段で注文を受け、商品を販売する方法。』
~参考:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
                  最終更新 2007年5月15日 (火) 06:37。~
この通販を利用することで、自宅に居ながら商品を選びや購入、そして商品の受け取りも自宅で行えるようになりました。
一般的に通信販売では、テレビやラジオのCM、ショッピングコーナーなどや、新聞や雑誌などの広告により商品の紹介を行っています。
通販が広く利用されている近年では、衛生放送やケーブルテレビ、インターネットを利用した専門のチャンネルやサイト、通販の専門誌やカタログなども数多く存在しています。

●通販の特徴
通信販売の大きな特徴でありメリットとなるのが、中間業者が不要なことです。一般的に店頭で販売されている商品は、
製造元 → 卸売業者(問屋) → 小売店(店頭)
という流れで商品が店頭に並びますが、場合によっては中間業者となる卸売業者や小売店が3社4社入ることも多くあります。
通販の場合、基本的に卸業者の存在は無く、消費者は製造元から直接商品を購入することが出来ます。
例えば、店頭で“1,000円”で売られている商品の場合、
小売店は1,000円で販売する為に、卸業者から900円で購入します。
小売店は小売店に900円で販売する為に、製造元から800円で商品を購入します。
通販の場合は、製造元から直接購入することになる為、店頭価格の1,000円よりも200円安い800円で購入することが出来ます。
このような仕組みにより、一般的に通販で売られている商品は、店頭価格よりも遙かに安い金額で購入することが出来ます。

●通販の歴史
通販の起源はアメリカで、19世紀後半に地方の農民を対象として「カタログ販売」が開始されたとされているようです。
当時のアメリカでは鉄道や郵便などの拡充が進み、19世紀後半には大手のカタログ販売小売業者が設立されてカタログ販売の基礎が作られたようです。

日本で通販が産業として確立したのは戦後のことで、雑誌広告による通信販売や大手百貨店の通信販売がスタートしました。その後、1960年代にはカタログ販売が、1970年代にはテレビやラジオによる通販も始まるようになりました。

さらに、1980年代には宅配サービスの拡充などが、1990年代からはインターネットを利用した通信販売も広がりを見せ、現在では生鮮食品から、家具や自動車などの大型ももの、さらには住宅や土地などの不動産も販売されるようになっています。

Yahoo!News